小豆・永眠す
昨日11月5日夜、小豆が永眠しました。
享年1歳7カ月。
b0012483_2310434.jpg






夜、ご飯をあげに行った時、巣箱から体を半分外に出して
横向きに倒れていて、すでに虫の息だった。
慌ててタオルに包んで…それからほんの少し後には
私の手の中で静かに息をひきとった。

病気でもなく、この日も朝は元気に挨拶しに出てきて
くれたし…なので老衰…と思っていいのかな…。
今週は急に寒くなったから、それもあったのかな…。

小豆は、小春が産んだ7匹きょうだいの中の1匹。
この時の子達は全ての毛色が出たケースで、
小豆は唯一のノーマルだった。
大人になってもちんまりと体格の小さいコで、
私はいつも「豆たん」→「まめた」と呼んでいた。

このブログへの登場回数の少なさからもわかるように、
本当にエピソードの少ないコで…病気もしなければ
悪さもしない、いつも呼べば出てきて、いつもちんまりと
おとなしく存在している…それが豆たんでした。
それゆえに、ハムハムマンションの一角に居るのが
当たり前なコだったので、今そこに豆たんがいないことが
なんだかとっても不思議でいまいちピンと来ない。

先に亡くなった母・小春の隣に埋葬しました。
今頃は、母や父・豆太郎と会えてるかな?


b0012483_23282661.jpg

小さいイメージの豆たんも、こんなムチッとした時期もありました…。

b0012483_23305014.jpg

この寝姿、なつかしい!!!起こさないようにそーっと写真を撮ったのを
今でも覚えてるよ…。


豆たん、我が家に生まれてきてくれて本当にありがとうね。
物静かでちんまりかわいい豆たん、忘れません。
[PR]
by horuko | 2009-11-06 23:06 | 小豆
<< ハム親戚の集い 命名「姫」です。 >>