黄三郎・永眠す
3月31日、黄三郎が亡くなった。
享年1歳7か月(推定)。
b0012483_1483029.jpg












夜にご飯をあげようとケージを開けても巣箱から何も音が
聞こえてこないので、イヤな予感がして覗いてみたら
黄三郎が横たわっていた。もう冷たくなってた。

異変に気付いてやれなかった…。

年末に年賀状用の写真を撮った頃はまだまだふっくら
していたのだが、先月ぐらいからみるみる痩せてしまい、
最近では1日中ほとんど寝てばかり…時々水飲みや
食事に出てくる時もヨロヨロしていた。

とはいえ、私がご飯の準備をしようとケージ横でゴソゴソしていると、
必ず巣箱から出てきては金網にしがみつき「何かくれー!!」と
アピールをしたりして、ヨボヨボになってはいたけどそれなりに
活力はあったんだよね。

きーくんの顔は眠ってるように見えた。
苦しまずに眠るように逝けたのかな・・・。そうだったらいいな。

きーくんは、うちに来てすぐに下痢で病院へ・・・虫がいることがわかり、
投薬の日々だった。最初にいっぱい触れ合って遊ぶことがあんまり
出来なかったこともあって、なかなか慣れてくれなかったな~。

でもがんばって薬を飲んでくれたおかげでしっかり完治した時は、
本当にうれしかったな~。

ベタ慣れじゃなかっただけに、他のコと比べたら「触りまくって遊んだ」ことは
少なかったきーくんだったけど、いろんなことがあった分とっても印象深く
存在感のあるハムさんだった。

小菊とお見合いをしてみたけど、結果は出ず…。
小春とお見合いさせてみようとしたけど、興味も示さず…。
ちょっと中性的な不思議なコだったのも印象的。

小春の生んだ赤ちゃんがほぼ全部男の子で、うちに残そうと思ってるコも
男の子なんだけど、きーくん、「我が家で唯一の男」という座をそのコに
引き継ぐことができたのを見届けたかのようなお別れの時期だなぁ~…と、
ふと思ったり。きーくん、跡取りが出来て安心したのかな~・・・。
奇しくも跡取りとなるのは、きーくんが小さい頃と同じように黄色がきれいな
プディング…。

天国では、もう病気なんてならないから、元気いっぱいで好きなものを
いーっぱい食べて楽しく過ごして欲しいな。

b0012483_2154758.jpg途中からは手の上でこのポーズで
おやつを食べてくれるように
なってくれて嬉しかったよ!!
笑ってるように見えるこの写真、
お気に入りです。

b0012483_2173970.jpg






きーくん、いっぱいいっぱい遊んであげれなくて本当にごめんね。
うちのコになってくれて、本当にありがとう。
[PR]
by horuko | 2008-04-01 02:23 | 黄三郎
<< 小春 小春・無事出産!! >>